青竜伝説

青龍が見守る川棚温泉 

            seiryu2.jpg

大昔一大沼地だった川棚には巨大な青龍が棲んでいましたが、

欽明天皇の時代に大地震があり亡くなってしまいました。

里人は哀れに思い青龍権現として祀ると、温泉が涌出したと伝えられています。

その後、川棚温泉は三恵寺の怡雲(いうん)和尚によって中興されました。

seiryu-img.jpg